XMのお歳暮プロモボーナス開催中

【最新OS対応】MacでXMのMT4やMT5が起動しない・開かない時の解決方法

クロコ
クロコ

XMではFX取引所としては珍しいMac対応のMT4/MT5を提供しているよ

最近、海外FX業者の中でもMacに対応したMT4/MT5のデスクトップアプリの提供が増えてきています。

Macユーザーである僕にとってはこれだけでかなりありがたいです。

しかし、いざダウンロードしてみると思ったよりうまくいかないことがあったので、その解決方法を含めて解説していきます。

XMに限らず、他の業者でも基本的には操作は同じなので、他業者の方にも参考になる内容となっています。

XMのMT4やMT5がMacで起動しない・開かない原因と対処法

MacでMT4/MT5が起動しない・開かない原因
  • 開発元を許可していない
  • うまくダウンロードされてない
  • MacOSが最新/古すぎて対応してない
  • Macのストレージの空きがない

アプリケーションの実行許可がされていない

アプリケーションが開けない時、Macの画面上にこのような警告が表示されるはずです。

表示される警告
  • MT4:“MetaTrader 4″はApp Storeからダウンロードされたものでないため開けません。
  • MT5:“MetaTrader 5″はApp Storeからダウンロードされたものでないため開けません。

こちらの警告が表示されているときはMacの設定でApple Store以外のアプリの実行許可をしていないのが原因になります。

AppleはApple Store以外で公開されているアプリケーションに関しては公式の確認が取れないので、デフォルトでは実行しないように設定されています。

なので設定自体をまず変更する必要があります。

以下の設定はMT5で行いますが、MT4でもやり方は全く同じなのでそのまま同じように設定してください

セキュリティとプライバシー

『システム設定』→『プライバシーとセキュリティ』をクリックします

アプリケーションの実行を許可する

下にスクロールします。

アプリケーションの実行許可で『App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可』という項目をクリックします。

その後、『このまま開く』をクリックしてください

ダウンロードしたアプリを開く

“MetaTrader 5″はインターネットからダウンロードされたアプリケーションです。開いてもよろしいですか?

と表示されるので、そのまま『開く』をクリック

MetaTraderを開く

このように開くことができれば完了です

開発元のアプリケーションの許可をしてるのに開けない場合

設定で開発元のアプリケーションを許可しているのに開けないよ、、

もともと設定でApple Store以外のアプリも許可しているのにアプリを開けない場合は

『control』キーを押しながら開きたいアプリをクリックして下さい。

その後、『開く』をクリックすればアプリを開くことができます。

OSのバージョンが最新または古すぎる

MT4/MT5は基本はMacでも使用することができますが、あまりにOSが古かったり、最新のOSにアップグレードされたばかりの時は

XMの対応が間に合わずMac版のMT4/MT5が使えない場合があります。

現在、Macの最新OSである『MacOS Ventura』はXMのデスクトップアプリに対応しております。

最新OSにXMがまだ対応していない場合はMacのOSをダウングレードすれば利用することが可能になります

MacのOSをダウングレードする方法

OSを変えたくない場合はスマホからでもMT4/MT5を利用することができるので、そちらを使ってみて下さい

【スマホ】XMのMT4/MT5を注文から決済までの使い方|iOSアプリはApp Storeから削除!?

Macのストレージの空きがない

Macのストレージがいっぱいになっているとアプリをインストールする分の容量が足りず、開けない場合があります。

左上のAppleマーク『』→『このMacについて』→『ストレージ』から容量が空いてるかどうか確認してください。

Macのストレージを減らす方法については以下を参照してください

▶️ Macの空き容量を増やす方法

うまくダウンロードされていない

途中でインターネット接続が切れたり、ネット環境が不安定だとダウンロードがうまくいかない時があります。

ダウンロードがうまくいってなさそうなら、一度ファイルを消して再度ダウンロードしてみてください。

アプリがどうしても開けないならブラウザ版を利用する

どうしてもアプリを開くことができないけどMacで利用したいという方はMT4/MT5のWeb Trader(ブラウザバージョン)を利用してみてください。

こちらはアプリをダウンロードする必要がなく、ブラウザでMT4/MT5が利用できます。

WebTraderを使う

こちらをクリックするとブラウザ版のMT4/MT5が立ち上がります。

11月限定200%入金ボーナス

XMのMac版MT4・MT5のダウンロード手順

XMではMac版のMT4とMT5どちらもダウンロードすることができます。

ダウンロードについてやり方は下の動画でみることができます。

それぞれの機能の違いやメリットデメリットについては下の記事で紹介しているので、MT4/MT5について知りたい方はこちらを参照ください。

【2022年】XMはMT4とMT5どっちがおすすめ?変更方法や両方使う方法を解説
XM公式サイトでMac版MT4/5を選択

XM公式ページから『Mac対応MTまたはMT5』を選択します

ダウンロードをクリック

ダウンロードをクリックします

MT5またはMT4のファイルを開く

ダウンロードが完了したら、ファイルを開いてください。

『MetaTrader5.dmg』または『MetaTrader4.dmg』をクリックして開きます。

完了

アプリにこのように表示されれば、アプリダウンロードが完了です。

もしアプリが開けなければ、前半に紹介している解決方法をご参照ください

11月限定200%入金ボーナス

MacからXMアカウントでログインする

クロコ
クロコ

ダウンロードが完了したらMT5とXMアカウントを紐付ける必要があるよ

まだXMの口座を開設していない方は先に口座を開設してから次に進んでください

【2022年】XMの口座開設方法|住所の書き方やボーナス受け取り方まとめ

STEP.1
アプリを開く

先程ダウンロードしたXMのアプリを開きます

アプリを開いたら、左上の『ファイル』→『取引口座にログイン』をクリックして下さい

STEP.2
ログインする

ログインするのに必要な情報
  • ログインID
  • ログインパスワード
  • サーバー名

上の3つの項目を入力してログインします。

これらはXMのマイページの方で確認できます。

【2022年11月】XMのサーバー名がわからない時の確認方法を徹底解説

STEP.3
ログイン完了

ログインが完了するとMT5のアプリから音が流れます。

右下のマークが緑になっていたらきちんとログインできている証拠になります。

クロコ
クロコ

MacでMT4/MT5をダウンロードする方法は以上だよ!

XMのMT4/MT5をMacで開けない対処法まとめ

MT4やMT5はFXをする人にとっては欠かせないツールとなり、海外FXだとほとんどの取引所で採用されています。

Macに対応しているXMでMT4/5をダウンロードする方法を紹介しましたが、まだまだMacに対応している取引所はかなり少ないです。

最新OSに対応する速度もXMに比べ他はかなり遅いので、Mac使うのであればXM一択になります。

公式のMT4/MT5でもMac対応してないので、XMは頑張っている方ですね。

MT4/5でEAを使って運用したい場合はXMが提供しているVPSがおすすめなので、検討している方はこちらの記事も読んでみて下さい

【2022年】XMのVPSを無料で利用する条件と設定方法

XMの口座開設で3000円を受け取る
XM公式ホームページ
XM公式ページ