【6月限定】exness20,000円キャッシュバックキャンペーン

exness(エクスネス)にはトレード手法の禁止事項がない|禁止行為を問い合わせた結果

20,000円キャッシュバックキャンペーン

【6月限定】exness口座登録者に20,000円キャッシュバックプレゼントキャンペーン開催中

  • 期限:2024年6月1日〜6月30日
  • 特典:20,000円キャッシュバック

すでにexnessの口座をお持ちの方は、その口座を当サイトのIB番号に紐づける必要があります

IB番号を変更するためには、exnessのサポート(support@exness.com)またはチャットにて連絡する必要があります。

サポートに『このアカウントをIB番号16128821に紐づけてください』と伝えてください。

紐付け完了後に追加口座を開設すると、こちらのサイトのIB番号に紐づけられます。

\ 20,000円キャッシュバックゲット /

当サイト限定の2万円特典プレゼント

海外FX業者の中でも高い人気を誇るexness(エクスネス)。

exnessでは、他の多くの海外FX業者で禁止されているトレード手法の多くが許可されています。

これは、exnessがトレーダー目線に立った使いやすさを重視し、できる限りトレーダーの自由なトレードスタイルを尊重しているためです。

目次

exness(エクスネス)の禁止事項

exnessで明確に禁止とされている行為は以下の2つのみです。

  • 自己アフィリエイト(IB)を利用する
  • 第三者のアカウント利用

自己アフィリエイト(IB)を利用する

exnessではexness Partners(エクスネス パートナーズ)というパートナーシッププログラムがあります。

パートナーシッププログラムの中には「紹介ブローカー(IB)プログラム」という自分が紹介したトレーダーが取引を行うたびにトレーダーが支払ったスプレッドから割合で報酬がもらえるというものがあります。

自己アフィリエイト(IB)は自分自身を紹介し取引し報酬をもらうことで実質スプレッドを減らすことができてしまいます。

exnessではこの自己アフィリエイト(IB)を禁止としています。

クロコ

自己アフィリエイトができてしまうとみんなやっちゃってスプレッドが

紹介ブローカー(IB)プログラムの目的はexnessパートナー経由でトレーダーを増やすことにあります。

自己アフィリエイト(IB)を許してしまうと、パートナーが紹介する意味がなくなり紹介されたトレーダーが減ってしまったり、スプレッドから数割支払わなければいけなくなりexness側には不利益しかなくなってしまいます。

クロコ

ちゃんと本来の使い方をしても稼ぐことができるから気になった人は下の記事を確認してみて

第三者のアカウント利用

exnessでは第三者(他人)のアカウントを利用することを禁止しています。

自分以外のアカウントで入出金・取引などを行うとマネーロンダリングの疑いがあると認識されてしまいます

マネーロンダリングとは、犯罪によって得た収益を、その出所や真の所有者が分からないようにして、捜査機関等による収益の発見や検挙等を逃れようとする行為です。

マネーロンダリングの規制は年々厳しくなってきており、exnessでも監視を強めています。

クロコ

禁止行為は絶対にしないようにしよう

exness(エクスネス)ではトレード手法の禁止事項はない

exnessではトレード手法に関する禁止事項を設けていません。

以下のような多くの海外FX業者では禁止されている手法でもexnessでは許可されています。

  • 複数口座間・複数業者間の両建て
  • ゼロカットを前提とした取引
  • レート遅延・サーバーエラーを狙った取引
  • 週明けの窓埋め・開け行為
  • 指標発表時のハイレバトレード
  • アービトラージ(裁定取引)
クロコ

今現在は許可されているけど予告なく変更することもあるからこれらの手法を使う前にサポートに確認を取ることをおすすめするよ

ここではそれぞれのトレード手法をなぜ他の業者が禁止しているのかとともに紹介していきます。

複数口座間・複数業者間の両建て

両建てとは、同じ通貨ペアの買いポジションと売りポジションを同時に保有することです。

両建てには「同一口座間の両建て」「複数口座間の両建て」「複数業者間の両建て」の3種類あり、多くの海外FX業者では「同一口座間の両建て」のみ許可され残りの「複数口座(業者)間の両建て」は禁止されています。

しかし、exnessではこれらすべての両建て取引を許可されています。

exness他FX業者
同一口座間
複数業者間
複数業者間

複数業者間の両建てでは、exness同様に複数業者間の両建てを許可している業者を利用するということを意識しておきましょう。

他業者間の両建てを許可している業者
  • AXIORY
  • TitanFX
  • TradeView
  • ThreeTrader

なぜ、多くのFX業者がこの2つの両建てを禁止しているのかというと、いわゆるゼロカットを悪用した取引ができてしまうからです。

クロコ

次で詳しく見ていこう

ゼロカットを前提とした取引

海外FXではゼロカットという取引時にロスカットが間に合わず資金以上の損失が出た際にその損失をFX業者側が補填してくれる制度があります。

多くのFX業者ではこのゼロカットを故意に発動させるような取引、ゼロカットを悪用するような行為は禁止されています。

ですが、exnessではこのゼロカットを故意に発動させることを前提とした取引を許可しています。

クロコ

さっきの両建てを使って見てみよう

ゼロカットは本来トレーダーが負うべき損失を業者側が肩代わりしてくれているだけです。

クロコ

ゼロカットの負担があまりにもでかくなりすぎるよね

そのうえゼロカット前提の取引をうまく利用することができれば、勝率のかなり高い手法が多くあるため

これを許可しているexnessがいかにとんでもないことをしているかがわかるかと思います。

レート遅延・サーバーエラーを狙った取引

システムの脆弱性や一時的な異常を利用して不当な利益を得ようとするものであり、これらの行為は通常公正な市場環境を歪めてしまいます。

そのため、多くのFX業者は利用規約でこれらの行為を明示的に禁止しており、違反した場合は口座凍結やペナルティの対象となります。

クロコ

exnessでも禁止されていた時があったけど今は許可されているよ

それぞれの取引例をみていきましょう。

サーバーエラーを利用した取引

  • FX業者のサーバーにエラーが発生し、一時的に実際の市場価格と乖離した価格が表示されたとします。
  • 例えば、ドル円の実際の市場価格が110円であるにもかかわらず、サーバーエラーにより90円で表示されたとします。
  • この状況を利用して、投資家が90円で大量の買いポジションを取り、サーバーが復旧して実際の価格に戻った時点で20円の利益になる

レート遅延を利用した取引

  • FX業者のレート配信に遅延が生じ、他の業者や市場全体と比べて古い価格が表示されている状況があったとします。
  • 例えば、市場全体ではドル円が110円に上昇しているにもかかわらず、遅延により特定の業者では108円で取引可能な状態が続いているとします。
  • この状況を利用して、投資家が108円で買いポジションを取り、その直後に最新の価格に更新されて2円の利益になる

exnessでは禁止されていた時期もあったため予告なく変更になることがあります。そのため事前にサポートへ確認を行うことをおすすめします。

週明けの窓埋め・開け行為

FXにおける週明けの窓埋め・開け取引とは、週末を挟んだ価格差を利用した取引手法のことです。

FX市場は、週末に取引が行われないため、週明けの取引開始時に価格がギャップ(窓)を生じることがあります。この価格差を利用して利益を得るのが窓埋め・開け取引です。

それぞれの取引例をみていきましょう。

窓開け取引

  • 週明けの取引開始時に、前週の終値よりも高い価格で始まった場合、その価格差を「窓」と呼びます。
  • トレーダーは、この窓が埋まる(価格が前週の終値まで下がる)と予想し、窓が開いた価格で売りポジションを取ります。
  • 例えば、ドル円が前週の終値110円で取引を終え、週明けに112円で取引が開始された場合、112円で売りポジションを取ります。価格が110円まで下がれば、2円の利益を得ることができます。

窓埋め取引

  • 週明けの取引開始時に、前週の終値よりも低い価格で始まった場合も「窓」と呼びます。
  • トレーダーは、この窓が埋まる(価格が前週の終値まで上がる)と予想し、窓が開いた価格で買いポジションを取ります。
  • 例えば、ドル円が前週の終値110円で取引を終え、週明けに108円で取引が開始された場合、108円で買いポジションを取ります。価格が110円まで上がれば、2円の利益を得ることができます。

指標発表時のハイレバトレード

指標発表時はレートが非常に大きく変動します。そこでハイレバレッジトレードを行うのはリスクもリターンも大きくなります。

このトレードではゼロカットが発動しやすく先ほども説明したようにFX業社への負担が多くなってしまうため海外FXでは禁止になっていルことが多いです。

もちろんexnessではこちらも許可されています。

アービトラージ(裁定取引)

裁定取引(アービトラージ)とは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引のことです。

exnessで1ドル=110円の時にA社のレートが1ドル=112円だった場合、exnessはA社のレートに収束していくので、それを利用して買いを入れたりなど繰り返しトレードすること

exnessA社
1ドル=110円1ドル=112円

exnessでは1ドル=110円、A社では1ドル=112円で取引されているとします。

exness(エクスネス)のサポートへ問い合わせてみた

クロコ

exnessで禁止行為などはありますか?

exnessサポート

弊社では、トレード手法としまして、禁止事項としてごんないしておりますものは特段ございません

クロコ

自己アフィリエイト(IB)は禁止されていますか?

exnessサポート

自己アフィリエイトに関しましては一切禁止となっておりますので、予めご了承くださいませ

クロコ

・複数口座間・複数業者間の両建て
・ゼロカットを前提とした取引
・レート遅延・サーバーエラーを狙った取引
・週明けの窓埋め・開け行為
・指標発表時のハイレバトレード
・アービトラージ(裁定取引)
これらの手法でも禁止されていませんか?

exnessサポート

こちらに関しては禁止事項ではございません

exness(エクスネス)で禁止行為をするとどうなる?

exnessで禁止されている行為を行ってしまうと以下のような措置を取られてしまいます

  • 口座・アカウントの凍結
  • 出金拒否
  • アフィリエイト(IB)報酬の剥奪

不正行為が発覚した場合、即座に口座が凍結される可能性があります。調査の結果、明らかな違反行為と判断された場合はアカウントが凍結しexnessで取引ができなくなってしまいます。

違反行為によって得た利益については、没収される可能性が高いです。不正な方法で得た利益は、たとえ出金済みであっても返還を求められるケースがあります。

また、自己アフィリエイトが発覚した場合、アフィリエイト報酬の支払いも拒否されるでしょう。

最悪の場合、法的措置を取られてしまうことにもつながってしまいます。

【FAQ】exness(エクスネス)の禁止事項についてよくある質問

exnessでスキャルピングトレードは禁止?

いいえ、スキャルピングトレードは禁止されていません。

むしろスキャルピングを推奨しているくらいです。

exnessでEAを使った取引は禁止?

いいえ、EAを使った取引は禁止されていません。

また、EAを使ったスキャルピングなどEAを使った様々なトレード手法が許可されています。

自己アフィリエイトが発覚した場合、どうなりますか?

自己アフィリエイトを行なった場合、以下のような措置を取られる可能性が高いです。

  • 口座凍結
  • アカウント凍結
  • 出金拒否

exness(エクスネス)の禁止事項まとめ

トレーダー目線に立った使いやすさが人気のexnessですが、手法の制限が少ないことも大きな魅力と言えるでしょう。もちろん不正行為は許されませんが、一般的な取引であれば自由にトレードを楽しむことができます。

トレードスタイルが制限されず、ゼロカットシステムやタイトなスプレッドなどメリットの多いexness。

ご興味のある方は、ぜひこの機会に口座開設を検討してみてはいかがでしょうか。今ならお得なキャンペーンも実施中です

【2023年】おすすめ海外FXランキング

日本居住者の方へ注意

当サイトは日本国外に居住している日本人に対し、情報提供を行なっております。

日本に居住している日本人及び外国人に対して、海外FXの登録・取引は推奨しておりません。

日本居住者の方は必ず、日本国内の金融庁の認可を得ているFX業者(DMMやGMOクリック証券等)をご利用ください。

当サイトから日本居住者による海外FXの登録で起きるトラブルに関しては一切の責任は負いませんので予めご了承ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海外FXに精通した現役トレーダー
exness(エクスネス)を2年以上使い倒した管理人が日本一詳しく、exnessのあれこれを解説しています。こちらはexnessについて専門的に扱ったサイトになります。

目次