exnessの評判・口コミを見る

【2022年】exnessの無料VPSのスペックは?申請方法と使い方を解説

海外FX業者のほとんどで提供されているVPS(Virtual Private Server)ですが、敷居が高く手を出しづらいと考えている方が多くいると思います。

VPSは実はとても簡単に導入できる上、FX取引の専用マシンを手軽に利用できるシステムです。

特にEA(自動売買ソフト)の運用には必須とも言えるサービスです。

このページでは、他のVPSサービスと比較したexnessのVPS独自のメリットに加え、利用の方法までを詳しく紹介しています。

exness(エクスネス)は無料でVPSが使える

exnessではVPS(バーチャル・プライベートサーバー)を無料で使うことができます。

FX向けにVPSを提供するサービスはたくさんありますが、どれも月額料金がかかるものばかり。

exnessでは一定の条件さえ満たせば永久無料でVPSを利用し続けることができます。

業界最狭スプレッド

exness(エクスネス)のVPSとは

クロコ

VPSが初めての人はここで理解を深めてね

VPS(Virtual Private Server)って?

FX業者では専用VPSを提供している場合が多いですが、VPSと言われてもピンとこなかったり、難しい印象を受ける人が多いと思います。

VPSとは、一言でいうとインターネット上にある仮想のパソコンのことです。

日本語だと仮想専用サーバーと呼ばれ、Virtual Private Server バーチャル・プライベート・サーバー(VPS)が正式名称です。

VPSは、安定性が求められるプログラムの稼働に広く利用されるシステムです。

レンタルサーバーと性質は似ていますが、VPSはWindowsなどのOSを1ユーザー専用で利用できる上に、1ユーザーのためにPC1台分にあたる性能が確保されます。

そのため、他のユーザーの影響を受け動作が重くなったりすることはありません。

FXでVPSを利用するメリット

クロコ

exnessでVPSを使うメリットだよ
メリット
  • 24時間365日安定した取引が可能
  • パソコンの急なシャットダウンや停電でも止まる心配がない
  • 専用VPSはFXに特化したハイスペック
  • 特にEA(自動売買ソフト)の安定稼働に向いている
  • 自分のパソコンを起動しておく必要がない

VPSの一番のメリットは安定性です。予期せぬパソコンのトラブルで取引ソフトが停止する心配はありません。

365日24時間連続して取引をし続けることができます。

自分のパソコンではないので、1日中取引ソフトを動かしても電気代もかからずコストを抑えることもできます。

また、通信環境にも左右されないので注文の約定力も心配はありません。

VPSはEA(自動売買ソフト)の稼働に主に利用されます。

一定の条件で売買を常に繰り返すEAと高い安定性を保証するVPSは相性が抜群です。

業界最狭スプレッド

exness(エクスネス)のVPSは初心者には難しい?

VPSの導入から取引まではとても簡単な手順で行うことができます。

VPSのOSはWindowsなので、パソコンの基本操作とMT4を利用したことがある方であれば問題なく利用できます。

初めてVPSを利用する方はこのページの中で利用方法を詳しく解説しているのでぜひ最後まで読んでみてください。

業界最狭スプレッド

exness(エクスネス)のVPSのスペック

クロコ

exnessのVPSのスペックは高いのか詳しく紹介していくよ

VPSスペック詳細

exnessのVPSスペック
OSWindows2012 R2
RAM(メモリ)1GB
HDD10GB
CPU(仮想CPU)1vCPU

Windows2012 R2は、Windows8をベースに作られたサーバーマシン用OSの一種です。

Windowsサーバーと聞いてピンとこない方も多いと思いますが、Windowsサーバーは名前の通り安定性セキュリティ面を重点を置くサーバーマシンの為に作られたOS(オペレーティングシステム)です。

基本操作は通常のWindowsとほとんど変わりません。

1vCPUは聞きなれない種類ですが、本物のCPUを仮想化するために分割したもので、クロック数は1.2Ghz、2コアに相当します。

他社のVPSと性能比較

VPSのスペックを聞いても優れているかどうかわからない方も多いと思います。

ここでは、他社のVPSのスペックと比較しながらexnessのVPSについて見ていきましょう。

VPSスペック比較
exnessGEMFOREXXM
OSWindows2012 R2Windows 2012Windows 2012
RAM(メモリ)1GB1GB1.5GB
HDD10GB不明20GB
CPU(仮想CPU)1コア1コア1コア

大手のXMやGEMFOREXと比較した場合、大きな差はありません。

海外FXから提供されるVPSの中でも一般的なスペックです。

OSがexnessのみWindows2012 R2ですが機能面で大きな違いはありません。

MT4の推奨スペック

ちなみにMT4を動作させるには以下のようなスペックが必要です。

exnessのMT4動作スペック

CPUメモリ
1.2Ghz以上512MB以上

MT4は意外と低スペックなパソコンでも稼働させることができます。

ポイント
VPSのスペックは通常のパソコンと比べると低いスペックですが、MT4などの取引ソフトを常時稼働させるには十分なスペックです。

業界最狭スプレッド

exness(エクスネス)のVPSの利用条件

クロコ

exnessのVPSを利用する条件だよ
  • 無料で利用できる。月額・年額などはかからない
  • 500ドル以上の入金履歴(累計入金額)
  • 100ドル以上の口座残高

exnessのVPSは基本的に無料で使うことができ、月々の利用料などは一切かかりません。

他社だと最低でも3000円程の手数料がかかる場合がありますが、exnessは完全無料でお得にVPSが使えます。

利用の条件は、累計入金額口座残高です。

VPSの利用条件
累計入金額500ドル以上
口座残高100ドル以上

累計入金額は、これまでexnessへの入金額合計で計算されます。

exnessに保有する全取引口座が対象です。

口座残高は、VPSの利用申請時に必要な金額です。

VPSの利用ができるようになるまで100ドル以上の残高を維持する必要があります。

「入金が必要ってことは結局有料では?」と思うかもしれませんが、VPSで取引する証拠金として最低限必要な金額と考えてもらえればと思います。

他社のVPSサービスの場合、取引の証拠金以外に月額料金がかかります。

業界最狭スプレッド

exnessの(エクスネス)VPSの申請方法

VPSの申請方法は3つのステップで行うことができます。

VPS申請方法は以下の順序で進めていきます。

  1. exnessに口座開設
  2. 口座残高・累計入金額の要件を満たす
  3. サポートに連絡する

STEP.1 exnessに口座開設する

まずはVPSで取引するための口座を開設します。

公式サイトにアクセスし口座開設の手続きをします。

【動画付き】exness(エクスネス)の口座開設方法をわかりやすく解説

exnessでは複数の口座タイプが用意されています。

口座タイプ
スタンダード最低入金額が3ドル~
スプレッドは広め
ロースプレッドスプレッドは狭いが、片道3.5ドルの取引手数料がかかる
ゼロスプレッドはゼロだが、高めの取引手数料がかかる
プロ取引手数料はかからないが、スプレッドがやや広め

資金や取引スタイルに合わせて口座タイプを選びましょう。

【徹底比較】exness(エクスネス)の6つの口座タイプまとめ

STEP.2 口座残高・累計入金額の要件を満たす

口座開設が済んだら、口座残高・累計入金額を満たしましょう。

すでに500ドル以上の入金履歴がある方は、100ドルの残高を確保するだけでOKです。

累計入金額が満たない方は、過去の入金含め入金額の合計が500ドル以上になるようにしましょう。

1度に500ドル分入金してもかまいません。

100ドルの口座残高は、VPSで利用したい口座に確保します。

ポイント
口座残高の100ドルはVPSの申請が通るまで維持しておきます。
【2022年】exness(エクスネス)のおすすめ入金方法|手数料や反映時間は?

STEP.3 サポートに連絡する

累計入金額・口座残高の要件を満たしたら、VPSの申請をメールでサポートに連絡します。

メールでは、VPS利用の希望を伝えるのと一緒に、以下の内容を記載します。

  • VPSを利用する口座の口座番号
  • シークレットワード

口座番号は、VPSを利用する口座の番号で、100ドルの残高の要件を満たしている口座です。

シークレットワードは、初めてサポートに連絡する際に付与される暗号です。

まだシークレットワードが無い方は、その旨もサポートに就てましょう。

exnessサポート

申請してからは5営業日以内に、VPSを使うために必要な情報の全てがメールで通知されます。

exness(エクスネス)のVPSの接続方法・使い方

VPS上のWindows2012の使い方は通常のWindowsと同じです。

exnessのVPSにはあらかじめ、3つのMT42つのMT5がインストールされています。

WindowsでのVPS接続方法

クロコ

VPSの接続方法はexnessの公式動画でも紹介されているよ

ここからはより詳しく手順を開設していきます。

Windowsのスタートメニューからアクセサリを開きます。

アクセサリを展開するとリモートデスクトップ接続が表示されるので選択します。

exnessから受け取ったVPSのコンピュータ名を入力します。

接続をし、次の画面でexnessから受け取ったユーザー名パスワードを入力すればVPSのWindows2012に接続されます。

EAを利用する場合の接続方法

手持ちのEA(自動売買ソフト)を利用する場合、リモートデスクトップに接続する際に初期設定をします。

リモートデスクトップの接続画面でオプションの表示を展開します。

ローカルリソースのタブを選択し、ローカルデバイスとリソースの詳細ボタンをクリックします。

ドライブの中の手持ちのEAが保存されているドライブ(ディスク)にチェックを入れます。

これで、VPS上からも自分のパソコンのEAのファイルにアクセスできるようになります。

業界最狭スプレッド

exnesssのVPSの停止条件と解除方法

exnessのVPSは以下の条件になると停止状態になります。

停止状態を解除するには手続きが必要になります。

14日間取引が無いとVPS停止

14日間取引が無いとVPS停止の警告の案内が届きます。

その後さらに2日間取引が無いとVPSは停止状態になります。

注意
  • 停止状態になるとVPSに保存された情報は消去され復元できなくなります。
  • 指値注文は取引と見なされません。
  • VPSの利用申請中の日数も14日間のカウントに含められます。

一度VPSが停止になるとVPS上に保存されたユーザーのデータは全て消去され初期化されてしまいます。

指値注文は取引があったと見なされないため、必要に応じて裁量注文をしなければいけません。

また、VPSの利用申請から接続情報が送られてくるまでの期間も取引が無い期間とカウントされてしまいます。

少し厳しい条件ですが、たまにアクティブ状態を維持するための成行注文をする必要があります。

停止状態の解除方法

VPSの利用を再開するにはまず以下の要件を満たします。

  • VPSで使う口座に100ドル以上の残高があること
  • 以前と同一アカウントの取引口座であること

上記の要件を満たした上で、VPSの利用を再申請します。

以前使っていたVPSの設定やデータは保存されていません。

最初から初期設定やEAの導入をする必要があります。

exness(エクスネス)のVPS よくある質問

VPSでも無制限レバレッジで取引できますか?

条件を満たしていればVPSでも無制限レバレッジが利用できます

無制限レバレッジの利用は、口座残高10万円未満、10回以上の取引です。

取引プラットフォームを追加できますか?

申請すれば1つMT4かMT5を追加することができます

複数のプラットフォームを使うには申請が必要です。

EAを使い分ける場合などに活用しましょう。

複数のVPSを使うことはできますか?

VPSは1アカウント1つまでです

VPSは1つしか利用できませんが、1つのVPSでアカウントが保有する全ての取引口座を利用することができます。

モニタリング口座って何ですか?

取引が継続されているか確認対象になる口座です

exnessでは、取引のない期間が14日間ないとVPSが停止になってしまいます。

取引が行われているかを確認されるのがモニタリング口座です。

モニタリング口座は、VPS申請時に100ドル以上の残高が必要な口座です。

exness(エクスネス)のVPSまとめ

exnessのVPSは無料で使うことができ、他のVPSサービスのような月額料金は一切かかりません。

必要なのは今まで500ドル以上exnessに入金してきた履歴と、VPSで取引するための資金が100ドル以上口座にあることだけです。

スペックも他社比較で申し分なく、EAの稼働も安定した環境で問題なく行える条件です。

VPSと聞くと難しく感じるかもしれませんが、手続きや導入方法はとても簡単なので悩んでいる方はぜひ挑戦してみてください。

特に、VPSでEAの稼働を考えているかたは、レバレッジ無制限・ロスカットレベル0%で取引条件が優れているexnessでの運用を強くおすすめします。

業界最狭スプレッド

無制限レバレッジ & 最強スプレッド
exness公式サイト
exness公式サイト