【注意喚起】FXGTでアカウント停止・出金拒否された件について

【2023年】FXGTの5つの口座タイプの違いとおすすめ口座種類を徹底比較

【注意喚起】FXGTをご利用中のトレーダー様へ

2024年現在、海外FX取引所としてFXGTを利用するのは非常に危険です。

私自身、2018年から6年近くFXGTを利用してきましたが、昨年の夏より出金のスピードや運営の対応に疑問を持つようになりました。

そして昨年末にとうとうFXGTへのログインすらできなくなりました。

これまで一度も違反行為や警告すら受けたことないのに、何の通知も無く突如ログインできなくなったのです。

続きは以下の記事で詳細を話しておりますので、ご利用中の方は一度読んでいただき、すぐさま出金するか別の取引所に乗り換えるかをおすすめします。

これまで一度もトラブルもなく、安心して利用できると断言できるのはヨーロッパの厳しいライセンスを保有しているXMexness(エクスネス)だけです。

私のおすすめはスプレッドが狭く、今一番ユーザー数を伸ばしているexnessです。

FXGTには5つの口座タイプがあるため、初めて利用する方はどの口座を選択すればいいのか悩んでしまうことでしょう。

そこでこの記事では、それぞれの口座タイプの特徴や違い、おすすめ口座を詳しく解説していきます。

FXGTの口座タイプ

  • スタンダード+口座
  • ミニ口座
  • プロ口座
  • ECN口座
  • クリプトマックス口座

そして、結論から言えば、オススメの口座タイプは以下の通りです。

おすすめの口座タイプ
  • 最もおすすめはスタンダード+口座
  • 日本のFX業者から乗り換えるならミニ口座
  • スプレッドの狭さを追求するならECN口座
  • 仮想通貨を取引するならクリプトマックス口座
クロコ

記事内容を見れば、各口座タイプについてより詳しい情報がわかるよ!

目次

FXGTの5種類の口座タイプの比較表

スクロールできます
ミニスタンダード+Crypto MaxプロECN
最大レバレッジ1000100050010001000
最低入金額5USD5USD5USD5USD5USD
最低スプレッド1.01.50.20.60.0
取引手数料無料無料無料無料FX:3USD
仮想通貨:0.05%
(片道)
最大ロット数200100100200200
合計注文数500200500200200
マージンコール5050707050
ロスカット2020404020
ゼロカット適用適用適用適用適用
ボーナスありありありなしなし
通貨単位10,000100,0001100,000100,000

\ 一番おすすめ /

FXGTよりエクスネスがおすすめ!

FXGTの口座タイプによる違いはいったいなに?

FXGTの5種類の口座タイプにはそれぞれの個性があり、口座によって以下のような点が異なります。

  • 取引単位(1ロット何通貨)
  • 取扱銘柄
  • スプレッド
  • ボーナス有無
  • 最大レバレッジ
  • ロスカット/マージン

このように、口座タイプによって様々な取引条件が変わります。

そのため、利用する口座タイプによって有利な条件で取引できたり、環境が悪くなり損してしまったりします。

クロコ

利用する口座タイプはしっかり特徴を理解してから選んだ方がいいよ!

取扱銘柄

スクロールできます
 ミニ口座スタンダード+口座PRO口座ECN口座Crypto Max口座
FX53535353cross
仮想通貨1332332441
株価指数8888cross
株式11315050cross
貴金属3222cross
エネルギー3333cross
シンセティックペアcross9999
GTi1211111
DeFiトークンcrosscross9crosscross
NFTcrosscross5crosscross

取扱銘柄は口座タイプによって異なるので必ず確認するようにしましょう。

取引コスト

ミニスタンダード+Crypto MaxプロECN
最低スプレッド1.01.50.20.60.0
取引手数料無料無料無料無料FX:3USD
仮想通貨:0.05%
(片道)

取引コストの面でみてみるとプロ口座、ECN口座が狭い部類の口座になっています。

この2種類の口座は取引する銘柄によってどちらの方が取引コストが低くなるのかが変わるため事前に確認しておいた方がいいでしょう。

Crypto Max口座は仮想通貨限定の口座で取引コストも一番低いため、仮想通貨を取引する場合はこの口座がおすすめです。

最大レバレッジ

 ミニ口座スタンダード+口座PRO口座ECN口座Crypto Max口座
最大レバレッジ1,000倍500倍
レバレッジ制限ダイナミックレバレッジ

FXGTではCrypto Max口座にみ500倍のレバレッジでそのほかの口座は最大1000倍のレバレッジです。

ダイナミックレバレッジとは

保有ポジションのボリュームに応じてレバレッジ制限がかかり、最大レバレッジが自動的に変動するシステムです。

取引量が大きいほど最大レバレッジは低くなり、取引量が小さいほど最大レバレッジは高くなります。

ロスカット/マージン

 ミニ口座スタンダード+口座PRO口座ECN口座Crypto Max口座
ロスカットレベル20%40%
マージンコール50%70%

口座タイプによってロスカットレベルとマージンコールが異なります

PRO口座、ミニ口座、スタンダード+口座のロスカットレベルは20%マージンコールは50%です。

Crypto Max口座とECN口座については、ロスカットレベルは40%、マージンコールは70%と両方高めに設定されています。

FXGTのおすすめ口座タイプ

FXGTのおすすめ口座タイプ
  • 最もおすすめはスタンダード+口座
  • リスクを取った取引をしたいならスタンダードFX口座
  • 日本のFX業者から乗り換えるならミニ口座
  • スプレッドの狭さを追求するならECN口座

最もおすすめはスタンダード+口座

  • 全ての取扱い商品を取引できる
  • ボーナスを全て受け取れる
  • 最も無難な口座タイプ

スタンダード+口座は、その名の通り最も標準的な口座タイプで、どの口座を選択すればいいか分からない方に非常にオススメです。

取扱い商品に制限が無く、すべてのボーナスを受け取れるので、FXGTの性能をフルに生かした取引ができるからです。

ロット数の設定も、1lot=100,000通貨の設定なので、海外FX業者に慣れている方であればとくに使いやすいでしょう。

クロコ

どの口座を選べばいいか分からない場合には、スタンダード+口座にしておけば間違いないよ!

\ 一番おすすめ /

FXGTよりエクスネスがおすすめ!

日本のFX業者から乗り換えるならミニ口座

  • 国内業者と同じ「1lot=10,000通貨」の設定
  • ボーナスを全て利用できる
  • 取扱い商品には多少の制限がある

ミニ口座は1lot=10,000通貨の設定になっており、多くの日本の業者とロット数の設定が同じです。

そのため、国内業者を使っている場合には、ミニ口座を利用すると違和感が少ないかもしれません。

また、ミニ口座は全てのボーナスの受け取りができるのもメリットです。

FXGTでは最大8つまでの口座を作れるので、まずはミニ口座から始めて、慣れてきてからスタンダード+口座に移行するのもオススメです。

クロコ

セント口座も少額で取引できるけど、円建て口座に対応してないからオススメできないよ。

スプレッドの狭さを追求するならECN口座

  • スプレッドが狭い
  • 全ての商品を取扱いできる
  • 最低入金額が高い
  • 入金ボーナスが利用できない
  • ロスカット基準が高い

スキャルピングがメインで、とにかくスプレッドが狭いほうがいいということであれば、ECN口座を利用しましょう。

ECN口座では、1lotごとに10ドルの取引手数料が発生するものの、スプレッドがほぼ無視できるレベルに狭くなっています。

取引量が大きい場合には、スプレッドが発生する他の口座を使うよりも、取引コストが小さくなる可能性もあるでしょう。

クロコ

ただ、ECN口座は入金ボーナスがもらえない、ロスカット水準が高いといった欠点もあるよ!

あわせて読みたい
【他社比較】FXGTのスプレッドは広い?手数料は高い?ゴールドや仮想通貨(ビットコイン)のスプレッド一覧 FXGTはスプレッドが広いと言われることもあるようですが、実際はどうなのでしょうか? この記事では、FXGTのスプレッドの特徴や他社との比較、全銘柄のスプレッド一覧な...
あわせて読みたい
FXGTの口座開設方法や必要書類まとめ|本人確認までの時間は? FXGTで取引をするには、まずは口座開設が必要です。 この記事では画像付きでFXGTの口座開設方法を解説していきます。 本人確認が終了すると口座開設ボーナスがもらえる...

\ 一番おすすめ /

FXGTよりエクスネスがおすすめ!

仮想通貨取引するならクリプトマックス口座

仮想通貨の取引をするならクリプトマックス口座がオススメです。

クリプトマックス口座には以下の特徴があるからです。

  • 他の口座では使えない限定ボーナスを利用できる
  • 取引できる仮想通貨の種類が圧倒的に多い

そのため、仮想通貨の取引をするならクリプトマックス口座一択と言えます。

FXGTのスタンダード+口座

スタンダード+口座の特徴
  • あらゆるボーナスが対象になる
  • 全ての金融商品を取引できる
  • 最もバランスが良い口座

あらゆるボーナスが対象になる

FXGTには以下のような5種類のボーナスが存在し、スタンダード+口座はこれらの全てを利用できます。

キャンペーン名概要対象口座
口座開設ボーナス15,000円ミニ
スタンダード+
Crypto Max
100%Welcomeボーナス100%ボーナスミニ
スタンダード+
Crypto Max
25~50%Loyaltyボーナス25%~50%ボーナスミニ
スタンダード+
Crypto Max
Loyaltyリセットボーナス25%~50%ボーナスミニ
スタンダード+
Crypto Max
期間限定キャンペーンキャンペーンによるキャンペーンによる

口座タイプによってはボーナスをもらえないこともありますが、スタンダード+口座であれば、FXGTの豊富なボーナスをフルに活用し1,000倍のレバレッジを活かしながら取引できます。

クロコ

充実したボーナスはFXGTの魅力のひとつだから、これを活かせるのはスタンダード+口座の強みと言えるよ!

全ての金融商品を取引できる

スタンダード+口座では取扱い商品に制限が無く、FXGTが取り扱うすべての商品を取引できます。

ミニ口座では取扱いしていない 仮想通貨やDeFiトークン、NFTもスタンダード+口座ならトレードできます。

最小入金額が$5で小さい金額から様々な商品を取引できるため、最もバランスのいい口座と言えます。

クロコ

すべてのボーナスを受け取れるし、取引商品に制限もないから一番間違いないのがスタンダード+口座だよ!

\ 一番おすすめ /

FXGTよりエクスネスがおすすめ!

FXGTのミニ口座

ミニ口座の特徴
  • 1ロット=10,000通貨
  • 全てのボーナスが利用できる
  • 取引可能商品は少なめ

1ロット=10,000通貨

ミニ口座は1lot=10,000通貨で取引できる口座タイプです。

日本国内のFX業者と同じロット数の設定なので、国内業者に慣れている場合はミニ口座が使いやすいかもしれません。

クロコ

国内業者から海外業者に乗り換える人が最初に使うのにオススメだよ

全てのボーナスが利用できる

ミニ口座はスタンダード+口座同様、FXGTの豊富なボーナスを全て利用できます。

FXGTは入金ボーナスが特に優れているため、制限なくボーナスを利用できる点はミニ口座のメリットと言えます。

取引可能商品は少なめ

ミニ口座は取扱い商品が少なめで、スタンダード+口座とは違いNFTや株式の取引ができません。

セント口座よりは取引可能商品がかなり充実していますが、それでも取扱い商品に制限がある点は理解しておきましょう。

クロコ

ミニ口座は使いやすい口座タイプだけど制限もあるから、慣れたらスタンダード+口座に移行したいところだね。

\ 一番おすすめ /

FXGTよりエクスネスがおすすめ!

FXGTのプロ口座の特徴

プロ口座の特徴
  • 取引手数料がゼロ
  • スプレッドが狭い
  • プロ口座の残念なところ

取引手数料がゼロでスプレッドも狭い

プロ口座は取引時のコストがとにかく低く設定されている口座です。

取引手数料はゼロ、スプレッドは他の口座より狭い設定なので、取引コストを小さく抑えられるのが特徴です。

スワップポイントが有利

スワップポイントも他の口座よりも有利に設定されています。

マイナススワップの銘柄の場合にはマイナスが小さくなっており損失を抑えやすいです。

さらに、他の口座ではマイナススワップの銘柄でも、プロ口座の場合はプラスに設定されていることもあります。

クロコ

取引手数料・スプレッド・スワップといった、様々な取引コストが小さく抑えられるのが特徴だよ

プロ口座の残念なところ

  • ボーナスは一切利用できない
  • ロスカット水準が高い

ボーナスは一切利用できない

プロ口座ではボーナスが一切利用できません。

ECN口座はFXGTの大きな魅力である、アカウント認証ボーナスや入金ボーナスといった、魅力的なキャッシュバックも全て利用不可です。

FXGTの大きな魅力である充実したボーナスのほとんどを利用できないのは、大きな欠点と言えます。

クロコ

入金ボーナスも使えないのはつらいところだね!

マージンコールやロスカット水準が高い

FXGTではスタンダード+口座をはじめとしたほとんどの口座で、マージンコールが50%、ロスカット基準が20%に定められています。

しかし、プロ口座とこのあと紹介するECN口座だけは、マージンコールが70%、ロスカット水準が40%と、他の口座よりも高くなっています。

クロコ

表にするとこんな感じになるよ!

その他の口座プロ口座とECN口座
マージンコール50%70%
ロスカット20%40%

そのため、含み損を抱えているときに強制ロスカットになる可能性が高くなってしまっています。

ほかの口座を使っているときよりも慎重な資金管理が必要になるので、初心者にオススメできる口座タイプとは言えません。

クロコ

しっかりと損切の設定をしておかないと、他の口座よりもマイナスが大きくなりがちだよ!

\ 一番おすすめ /

FXGTよりエクスネスがおすすめ!

FXGTのECN口座の特徴

ミニ口座の特徴
  • スプレッドが非常に狭い
  • 制限が多くデメリットも多い口座

スプレッドが非常に狭い

ECN口座は、アメリカの電子証券取引ネットワーク上で注文をマッチングさせるタイプの口座で、スプレッドが非常に狭いのが特徴です。

FXGTのECN口座は、スプレッドが0に近いレベルで狭いですが、取引手数料として1lotの取引ごとに往復6ドルが発生します。

ECN口座のここが残念

  • ボーナスを利用できない
  • ロスカット水準が高い

ボーナスを利用できない

ECN口座はプロ口座同様、全てのボーナスを利用できません。

アカウント開設時のボーナスや入金ボーナスも一切もらえませんので、ECN口座やプロ口座を使うならあらかじめ把握しておきましょう。

クロコ

ECN口座やプロ口座はボーナスがいらないという人が使うべき口座なんだよ!

ロスカット水準が高い

FXGTの口座の中で、プロ口座とECN口座だけが、マージンコールやロスカット水準が高くなっています。

そのため、含み損に陥った際にロスカットされやすく、他の口座よりも不利になる可能性があるのです。

クロコ

レバレッジが高いほど、ロスカット基準の高さが大きな欠点になるよ!

ECN口座がおすすめな人

ECN口座の利用がオススメなのは、とにかくスプレッドが狭い環境で取引したい人です。

1ロットあたり往復の10ドル手数料がかかりますが、、取引するロット数が多ければ他の口座で発生するスプレッドよりコストが安くなるでしょう。

そのため、比較的大きな金額でスキャルピングを行う場合には、ECN口座を使う価値があるかもしれません。

クロコ

比較的大きな金額でスキャルピングする場合のみ、ECN口座を使う価値があるよ!

\ 一番おすすめ /

FXGTよりエクスネスがおすすめ!

CryptoMax(クリプトマックス)口座

仮想通貨専用口座

CryptoMax(クリプトマックス)口座は、仮想通貨取引専用の口座です。

以下のような特徴があるので、仮想通貨の取引をしたい方にオススメできます。

  • 特別なボーナスが使える
  • 取引できる銘柄数が多い

多くのボーナスが使える

クリプトマックス口座はスタンダード+、ミニ口座ほどではないですが多くのボーナスを利用することができます。

クロコ

仮想通貨取引するなら、クリプトマックス口座の豊富なボーナスを活用したいね

取引できる銘柄数が多い

他の口座タイプよりも取引できる仮想通貨の種類が多いのも、クリプトマックス口座の大きな特徴です。

口座タイプ仮想通貨の通貨ペア数
ミニ口座14種類
スタンダード+口座42種類
CryptoMax(クリプトマックス)口座51種類
PRO口座43種類
ECN口座34種類

比較すると、他の口座よりも圧倒的に通貨ペア数が多いのが分かります。

クロコ

仮想通貨取引をするなら、クリプトマックス口座は非常にオススメだよ!

FXGTの全口座タイプに対しての注意点

  • 口座タイプの変更は不可
  • 残高がなく30日間取引がない場合、休眠口座になる
  • 残高があり90日間取引がない場合、口座維持手数料が発生する

口座タイプの変更は不可

FXGTでは開設済み口座の口座タイプは変更できません。

FXGTは最大で8口座まで口座を開設することができます。

同一の証拠金通貨(USDやJPYなど)の口座は最大5口座までとなっているので注意が必要です。

クロコ

証拠金通貨はMT5のみ仮想通貨でもできるよ

証拠金通貨一覧

スクロールできます
ミニ,スタンダード+,プロ,ECNCrypto Max

MT4
USD(米ドル)
EUR(ユーロ)
JPY(日本円)
USDT(テザー)




MT5
USD(米ドル)
EUR(ユーロ)
JPY(日本円)
BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
XRP(リップル)
ADA(カルダノ)
USDT(テザー)
USD(米ドル)
EUR(ユーロ)
JPY(日本円)
BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
XRP(リップル)
ADA(カルダノ)
USDT(テザー)

残高がなく30日間取引がない場合、休眠口座になる

口座に残高がない場合、休眠口座として口座が凍結してしまいます。

一度凍結となった口座には二度とログインすることはできず、残っていたボーナスも全て利用できなくなってしまいます。

また新たに取引をしたい場合は、マイページより新たに追加口座を開設する必要があります。

残高があり90日間取引がない場合、口座維持手数料が発生する

口座に残高がある場合、休眠口座にはならないですが90日間取引がないと90日経過以降、毎月口座維持手数料がかかってしまいます。

初月それ以降
20USD10USD
クロコ

残高が0になってしまうと口座が凍結してしまうよ

複数の口座をお持ちの場合は、口座維持手数料は取引口座ごとに発生致します。

【FAQ】FXGTの口座タイプについてよくある質問

どの口座でもボーナスは利用できる?

FXGTではボーナスを利用できる口座とできない口座があり、どの口座タイプでもボーナスを使えるわけではありません。

具体的には、ボーナスを使える口座タイプ・使えない口座タイプは以下の通りです。

ボーナスを使える口座タイプセント口座・ミニ口座・FX専用口座・スタンダート+口座
ボーナスを使えない口座タイププロ口座・ECN口座

このようにプロ口座とECN口座ではボーナスを利用できないので、気を付けましょう。

口座タイプを変更することは可能?

すでに作成したMT5口座の口座タイプは変更できません。

口座タイプを変えて取引したい場合、新規でMT5口座を作成し利用する必要があります。

ただし、現在使っているMT5口座から資金を取り出すと、ボーナスが全て消滅するのであらかじめ理解しておきましょう。

口座タイプの確認方法は?

口座タイプはFXGTのアカウントにログインすることで確認できます。

FXGTのおすすめの口座タイプを教えてください。

まず前提におすすめの口座は人によって異なります。

初心者はミニ、スタンダード+口座

スプレッドの狭いプロ口座やECN口座などはスキャルピングに最適です。

仮想通貨取引をしたい人はCrypto Max口座がおすすめです。

FXGTでは口座タイプによって取引できる銘柄が異なりますか?

はい、取扱銘柄は口座タイプによって異なるため確認をしておく必要があります。

また、取扱銘柄は変更になる頻度が多いため気づいたらなくなっているということもあります。

FXGTでは取引手数料が発生しますか?

FXGTの口座タイプの中ではECN口座のみ取引手数料がかかります。

ECN口座は1ロットの往復取引あたり6USD(相当額)の取引手数料が発生します。

そのかわりスプレッドは最小で0.0pipsと全口座タイプの中で一番スプレッドが低い口座となっています。

FXGTの口座タイプは全部で何種類?

FXGTでは現在ミニ口座、スタンダード+口座、プロ口座、ECN口座、Crypto Max口座の5種類あります。

セント口座・スタンダードFX口座はどうやって開設できますか?

セント口座・スタンダードFX口座は現在新規開設することができません。

また、新たに新規注文をすることも停止されているので現在では完全に利用不可となっています。

FXGTの口座タイプまとめ

この記事ではFXFTの5種類の口座タイプを紹介しましたが、迷う場合にはスタンダード+口座を作るのがオススメです。

スタンダード+口座はあらゆるキャンペーンを利用でき、全ての商品を取引できるのでFXGTの1000倍のレバレッジをフルに生かしたトレードができます。

ゼロ口座やスタンダードFX口座・ECN口座にもメリットはあるので、気になる口座を使ってみて好みの口座タイプを見つけるのもいいでしょう。

クロコ

迷ったらスタンダード+口座にしておけばOKだよ!

\ 一番おすすめ /

FXGTよりエクスネスがおすすめ!

おすすめ海外FXランキング

日本居住者の方へ注意

当サイトは日本国外に居住している日本人に対し、情報提供を行なっております。

日本に居住している日本人及び外国人に対して、海外FXの登録・取引は推奨しておりません。

日本居住者の方は必ず、日本国内の金融庁の認可を得ているFX業者(DMMやGMOクリック証券等)をご利用ください。

当サイトから日本居住者による海外FXの登録で起きるトラブルに関しては一切の責任は負いませんので予めご了承ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海外FX歴8年以上の現役FXトレーダー
FXGTにある日突然アカウントを停止され、現在は別の取引所を利用中!
FXGTについて利用してきた立場から詳しく解説
2024年現在、FXGTはオススメしません!

目次